花火

 松戸の花火を対岸で見る。

 川の上を流れる風は、涼しい。

画像


 もっと下流では、市川方面の花火が小さく見える。

 常磐線の鉄橋がすこし邪魔をする。

 テレビでは、サッカーをしている。

 前日、酔った勢いで、「花火でも見る?」と電話をしてしまったため、ぼくはここにいる。

 サッカーは、どうなったんだろう?

画像


 混雑とはほど遠い土手の上。

 涼風。

 まあ、年に一度ぐらいは、風流もんをこうして見ておかないと。

画像


 鼻緒。

 紺の浴衣。

 ひさびさに剃ったひげ。

画像


 ある日、気付く。

 酔った勢いでいっしょに飲んだ女性ふたりの誕生日が、それぞれ、まったく同じだということ。

画像


 風流とは、ほど遠い制服化しているジーンズとTシャツ。

 角ばった眼鏡。

 「痩せたね?」

 努力などしない性格の自分は、そういう頑張りをしたと思われると、苦笑い。

画像


 金町駅前からちょっと離れた場所にある飲み屋さん。

 気になっていた。

 「花火の帰りですか? いいですね」と、女の店員さん。

 「こういう店にいると、行けないよね」でも、本気で残念そうにも思えていない。「こっち側から見たんだ」

 「見えるんですね?」

 ビールと酒2合ぐらい。

 売り切れたカツオ。

画像


 「夏って、夜ですよね」

 と、7月末にいっしょに飲んだ女性が言った。清少納言でもないのに。

 夜の8時ごろの新宿でも、そう思わせる何かがあった。

 「古文って、わたしたちで最後になったんです」

 ザ・ゆとり教育。

 その弊害。

 ヨーロッパ圏でラテン語を習わないひとって、いるんだろうか? それは、もう教育ではないんじゃないだろうか?

 と、たいしてエジュケーションもない自分でも、そう思う。

 安眠。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック