あけぼの山農業公園

 「GW、どっか行くの?」ぼくが、ふらふらとどっか行くことを知っている会社の女性。

 「なんか、予定ないんですよね。どっか、行くんですか?」

 「熊野古道」(熊の鼓動)

 「おっ、和歌山」

 「それから、名古屋に寄って、ひつまぶし」彼女の最後の晩餐は、それみたいです。

 「とりあえず、チューリップ見ます」

 「気持ち悪っ」と返答いただきました。

画像


 ぼくの旅時代も終焉を告げ、(4月に福島に行こうと思っていたが、なんとなくやる気が失せ、トカトントン)それでも、3連休と6連休の今年は、近場の公園を網羅しようと画策中。

 ま、晴れればですけどね。

 さて、一日目。

 我孫子で降り、バスを待つ。

 そこには、ベビーカーを押している、きれいな奥さんがいた。

 目じりと口元にかすかにしわがよるが、それすらもエレガント。

 昨夜は、うちの課長が異動で飲み会。

 いつも、飲み会になると「誰が好き?」とかの話題になり、答える暇もなく誰かが、何々さんは、「人妻しか愛せない男」だと言われ、まあ、それも確実に事実ですけど、見合い結婚して、浮気も一度もしないようなひとの前では決して言ってくれるなと思うけど、事実は事実。

 で、今日もきれいな人(人生でも1位か2位だった。運命か?)を見て、それを惜しみ、花を。

画像


 春ですね。

 こころも、春ですね。

画像


 さくらとバラの合間を埋めるチューリップ。

 いろいろな種類があるもんだ。

画像


 視力が悪い自分は、なるたけ原色が良いのだ。

 淡さが分からない。

画像


 つつじも咲いている。

 根津神社からの写楽というパターンも候補のひとつ。

画像


 我孫子です。

 どっか、カリフォルニアみたい。

画像


 男の子の節句。

 小さな息子とサッカーボールを蹴り合う楽しみもあったような。

 「パパと結婚する!」という幻聴もいまだにきく。

画像


 自粛ムードでイベントもないらしいが、もしかしたらチューリップも植えへんの?

 と恐れていたが、そんなことはないらしいです。

画像


 それにしても見事でした。

画像


 のどかな一日です。

 仕事を忘れるって、楽しいな。

 でも、どっか遠くにも行きたいもんだ。

画像


 ボタンだか、芍薬だか。

 違いが難しい、ゴールド・ブレンド。

 この辺は、小林一茶さんが俳句を教えて小銭を稼いだところだとか。

 藤沢周平さんの小説を読み、彼が身近になった。

画像


 丘の上は桜が、たくさんあるらしいけど、その時期はいつもやりすごしてしまう。

 で、我孫子に戻り、髪を切ってもらい、その後は飲酒。

 藤の季節でもあり、亀戸天神からの亀戸ホルモン・ストリート、なんかもありかなと、最終的には飲酒へのプロローグで解決するのだ。

 さて、明日はどこの公園にしよう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック