エンドレス門司港

 ほんと、のんびりとした一日でした。

 とかいって、自分だけは歩き回っていますけど。

 この辺に住むのも悪くないな、とか考えています。まあ、考えだけですけどね。

画像


 この後、昼飯ということになり、手ごろなランチのすし屋をみつけ、入ります。

 で、食べるとかなりクオリティが高いのですけど、どこか築地っぽく、現地の荒くれた魚(そんなのがあるか知らないが)を望んでいる自分にとって、合格点とも言えるし、また、なんか物足りないな、みたいな両方の気がしました。

 望みすぎかね・・・

 東京にいるのと変わらないな、というのが旅をしている自分にとっては、不満のひとつでした。

 しかし、あれを東京で出されたら、大満足ですけど。味覚の不思議。

画像


 出光美術館を通り越し、NTT門司へ。

 「電気通信レトロ館」と地図にはありました。

画像


 交差点にある「旧岩田酒店」

 風情があります。交通量が多く、トンネルの先は、下関なのでしょう。

画像


 ちょっと裏道のひなびた商店街をとおり、作ったレトロではなく本物の古びた町並みでした。そこに愛着があったりします。

 で、九州鉄道記念館。

 この横が出発で4月から、ほんもものレールの上を、ちんちん電車みたいなものが走るようです。

画像


 最後に、旧門司三井倶楽部。

 ざっと、一周しました。

 一時間ちょい電車に揺られ、博多に向かいます。

 どれが最速か、最短か分からないもので、いったん降りたりしながら、ほぼ各駅並みの快速に乗りました。

 言葉だけ通じるだけましだと思わなければ。

 追記:自宅の15ヶ月ぐらい使ったノート・パソコンのメモリを1G→2Gにしたら(Vistaなら当然か?)、なんかそこそこ頑張ってくれるようになりました。

 でも、2Gが3,000円弱ということに驚いています。




るるぶ北九州市門司港レトロ (るるぶ情報版—九州)
JTBパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック