残すべき音楽(96)In Dreams

I close my eyes, then I drift away
Into the magic night. I softly say
A silent prayerlike dreamers do.
Then I fall asleep to dream my dreams of you.

In dreams I walk with you. in dreams I talk to you.
In dreams youre mine. all of the time were together
In dreams, in dreams.

But just before the dawn, I awake and find you gone.
I cant help it, I cant help it, if I cry.
I remember that you said goodbye.

Its too bad that all these things, can only happen in my dreams
Only in dreams in beautiful dreams.

 ポップ・ミュージックの幻想の美しさって、この歌詞だけで良いかも。

 夢の中で、君と歩く。

 ぼくのこころに、どっかりと腰を下ろすロイ・オービソン。



 調べると、D・リンチ監督のブルー・ベルベットで使われていたんだ。思い出した。

 このようなはかなげな歌声で癒された時間が、ぼくには多くありました。それだけで、感謝もまた多しです。

 同時代でありながら、あっという間に飛行機事故で亡くなってしまったバディ・ホリー。「ラ・バンバ」という映画でもその辺のことが分かります。



 出だしがちょっと音が出ない。

 曲は、「True Love Ways」



 ジョン・レノンがまんま歌っています、バディ・ホリーの「ペギー・スー」



 こちら、ポール・マッカートニーが少年になって歌います、「Words of Love」 

 世界のアイドルの、これまたアイドルです。

 資本主義の崩壊を目にする日々ですが、過去のアメリカに現れた少年たちと、その対岸のリヴァプールの少年たちの物語です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック