残すべき音楽(87)Le Freak

 ザ・ディスコ。

 ナイル・ロジャースのこのギターのリズムの覚醒てきなものに、参ります。



 単純さの美学があります。

 たまに無性に聴きたくなります。

 二日酔いの頭には、ギンギン響きます。

 のちにプロデューサーになって、ダイアナ・ロスやらの音楽の土台をつくります。やはり、最上のマンネリであるこのリズムです。



 こんな日には、静かにテレビを見ているべきか。

 オードリーの漫才で大笑いし、サッカーをたっぷり2試合も見た。

 まったく、ルーニーって奴は。

 韓国人の動きに、ほんと感動した。

 昨日の過激な酒飲みの一日は、ただ寝そべってテレビを見るためだけの後遺症が残った。

 昼から、赤羽でおっちゃんたちに囲まれ1000円ちょっとでたらふく飲み、かつ食った。40目前の男を前にして「若いお兄ちゃん」は、ないよな?

 で、浅草に移動し、生ホッピーを飲み、以前の職場の人たちとともにワインを数本空け、すし屋で日本酒を飲み、しめのラーメン屋で、またビール。

 夜中の3時半にみなと別れ、それから、どうしたらよいの?

 日の出前には家に着き、男性が必死に女性を口説いているのを横目で冷静に見、あんなことはしない方が良いよな? と、ある日の自分を反省したり。

 あと4日の勤務。

 ちなみに、曲名は、「I want your love」

 ちなみに、知人から、ジョージ・ハリソンのクリスマス・ソング知ってる? と訊かれたが覚えがない。世の中にないものもあるのだろう?

 で、番外編。



 クリス・レア。

 「Driving Home For Christmas」一番好きな、このシーズンの曲。

 しかし、2008年も終わるにあたって、一番ぴったりくる心境は?

 「念仏して 地獄におちたりとも  さらに後悔すべからずさふらふ」

 まあ、生きている間にエコノミー・シートの自分がなぜ、死んでから(もしくは、そっち側)ビジネス・クラスの椅子が確保されていると考えて良いのだろう?

 クリスマスの時期に身籠り、お宮参りに行って・・・という普通の生活になじめない所に、我が40年の苦悩があったのかな。もう少し、不真面目になろう、と決意する夜であった。

 誓ったり、決意すること自体が、またまじめである訳でもあるのだが。

 あと、4日の勤務を、なんとか乗り切るぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック