スペイン広場からユダヤ人街へ

 セビージャの続き。

 スペイン広場にある建物の周りに付随している椅子の壁面。ちなみに、これはバルセロナ。各県の象徴的な絵がタイルで表現されているらしいが、なにを描いているのかは不明です。

画像


 カルメンとかセビリアの理髪師とかは、この辺が舞台のようです。なにか表現するためのきっかけがあるのでしょうね。

画像


 マリアとギター。なんか、とてもスペインっぽいです。

画像


 ユダヤ人街を歩きます。ここで迷子になったら一巻の終わりのような気もしますが、せっせとマーキングです。オー、怖い。

 しかし、東京の下町と呼ばれる場所もこんな狭い道路もあります。消防法とかにひっかかってしまいそうですが。まあ、それはそれ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック