マドリードの夜と翌朝

 首都という所に来ました。

 すべてが集まるところなら、それは聖なることも俗なることも。

 朝は、きれいな街であるが、夜は一変し庶民的になる街。それは理想ではないのか。

画像


 オリーブ・オイラー。

 なんかタパス・セットといって経費削減されたような。

 しかし、酒を飲むとあまり食べたくないので、こんなつまみと白ワインがあれば文句もぐうの音も出ないのですが。

画像


 さらに甘いもの。

画像


 それで、一晩寝た後、三大美術館(それぞれルーブル・メトロポリタン・プラド・大英博物館・エルミタージュの5つが対象であったりする? なぜ?)の一つのプラドへ。

 ベラスケスさんの彫像。

 ここで、ぼくの思いがけない絵画に対しての幸運があった。つづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック