人を賢い気持ちにさせるコルドバ

 コルドバに到着です。

 やっぱりイスラム色が強い感じがします。

 中東に行ったことがある人は、薄いと言ってますが、けっこう病みつきになるみたいですね。

画像


 またもや、ローマ時代の橋が現存中です。これらの質の高さ。

 と、ぶらぶら歩きだすのだが、なぜか、ここを歩いていると自分が賢い人間になったような錯覚が???

 不思議だ? 

 なぜだろう。背筋も伸びて歩いている。

画像


 詳しい解説と写真もここ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90

 なんだ、セネカという人はここの出身だったんだ。ぼくも読んだぜ。

 よくキケロとごっちゃになるけど。

 旅から帰ってきて、モーゼス・マイモニデスという人物がいたことを知る。そして、学ぶ。

 信仰を捨てるか、逃げるかの選択で、こう答えた。
 (離散するユダヤ人 小岸昭さんの本を参照)
 「たとえ危険に陥るとしても、強制を逃れ、昼も夜も彷徨え。世界は大きくて広いのだ。」

 信仰を捨てなくても、世界は大きくて広いと思う。なので彷徨う。

画像


 2人の著書と考え方だけで、真面目な人間であることを知る。

 『怒りについて』(De Ira)

 『寛容について』(De Clementia)

 『賢者の不動心について』(De Constantia Sapientiis)

 『心の平静について』(De Tranquillitate Animi)
 
 『人生の短さについて』(De Brevitate Vitae)

 『幸福な人生について』(De Vita Beata)

 『神慮について』(De Providentia)

 『善行について』(De Beneficiis)

 こちらがセネカさん。

1)神の存在/創造者である神 The existence of God

2)神は唯一である God's unity

3)神の精神性と非物質性(無形性) God's spirituality and incorporeality

4)神の永遠性 God's eternity

5)唯一神のみが礼拝の対象となりうる God alone should be the object of worship

6)神の預言者を通じての啓示の信頼性 Revelation through God's prophets

7)モーセの預言者の中での傑出性 The preeminence of Moses among the prophets

8)シナイ山で賜った神のトーラー God's law given on Mount Sinai

9)神のトーラーの不変性 The immutability of the Torah as God's Law

10)人間の活動に対しての神の全能性 God's foreknowledge of human actions

11)善行と邪悪なものへの報酬 Reward of good and retribution of evil

12)メシアの到来 The coming of the Jewish Messiah

13)死者の復活 The resurrection of the dead

 マイモニデスさんの思想。

 こんなことを考えていた日々もあったはずだが、まあ、可愛い子の笑顔との天秤に負けたのか?

 このような思想家や哲学者を生み出した町は、ぼくでさえも、なぜか1.2割増ぐらいに利巧な気分にさせるのだった。ジェット・ストリーム。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック