ドン・キホーテの煮込み料理

 何事も、それぞれの基準があり、小奇麗な場所で飲むのも好きだし、庶民的な場所で匿名性の中で飲むのも大好きである。

 まあ、場所も、時間も、相手が誰であるかととかには、そんなには大して影響されない。

 でも、こころのなかには一本の北千住基準があり、そこで頼むのは煮込みに限る。

 どこに行っても、肉体労働風情の人が多めのところで煮込み料理を頼むと、こちらの意志とは関係なく、あまりはずれがない。

画像


 潔癖な若い頃、(そんな時があったのかね)夕方、塾のそばにある赤いランプの灯る店に出入りする輩を、あまり好ましく思っていなかったような・・・

 でも、腹の凹凸のことを忘れ、食欲がよみがえってきた。

 煮込んじゃったこれには、赤ワインがお似合いです。

画像


 孤独な男性の肖像。

 理想のユートピアを追い求めたりします。

 それがあっても、なくても問題ではありません。

画像


 移動中、車外はワインのブドウやら、オリーブ畑やら、オレンジやら、ヨーロッパはけっこうな程度で農業国です。

 農家にプライドのある、自給率の高い国って必要だよな、とヨーロッパに行って気づきました。机上では、悲しいことに分かりませんでした。

 それで、帰ってくると輸入した食品の問題が。

 遅かれ早かれ、こうしたトラブルは、商社的な社会では生まれてきたんでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • hina

    お久し振りです。
    スペイン紀行を楽しませていただきました。
    過去にスペインへ行った友人に写真を見せて貰いましたが、人によって観点が大分違うと感心してしまいました。
    生意気なことを言って済みません。
    サグラダ・ファミリアの裏側など、最高に素敵だと言うことです。
    風車に立ち向かうドンキホーテの物語もイメージしたり、とても楽しかったです。
    2008年02月16日 08:31
  • ふらっと

    こちらこそ、お久しぶりです。
    他の人の写真を見るのも楽しいですが、実際のスペインは格別に楽しいところでした。まだまだ、3日半ぐらいの分量の写真が残っていますので、気楽に付き合ってください。では、では。
    2008年02月16日 11:37

この記事へのトラックバック