日記風

 朝起きると、夏になっていた。  朝、といっても9時半を過ぎていたが。  だらだら、過ごせるのは今日で最後なので、大事にしなければ。  燃えないゴミを袋にまとめ、集積所に持っていく。集荷が遅いので助かる。  洗濯物がまたたまっているので、電源を入れ、再びベッドに横になる。昼までは、読書でも楽しもう。最近は、お腹がすいた犬のように、ここに戻ってくる。司馬遼太郎さんの紀行もの。今回は、「韓のくに紀行」デリケートな問題が2国間で多いので、言及は避けましょう。といいつつ一つだけ、日本人が強制的に一時、日本名を押し付けたのに、なぜ普通に中国式の名前(呼び方?)をスムーズに受け入れているのか、という問題。(これでいいのか?)その起源は、いつ頃なのか、とかが書いてあった。そんな疑問もあるのか。物事を追求する人の視点は、優れてるな。  と、思い「いいとも」を見ながら食事。そのまま、チャンネルを切り替えていると、「徹子の部屋」に雨宮塔子さんが出ていた。元アナウンサー。タレントのように昔も振舞っていたけど、現在のアナウンサーほど、行き過ぎていなかったのかな。2児の母になっていました。そうさ、時代は変わるんだ。  それから着替え、外に出掛ける。日差しが凄い。ちょっと歩いて京成線に乗る。京成線大好き。この沿線で少年時代を過ごしたので。夏場は、この電車が一番クーラーの温度が低いような。CO2を無視しています。あと、前々からの疑問。電車の座席は、どれも座り心地が少しずつ違うような。きちんとした…

続きを読む