最後に夜景

 ま、三脚も買ったことだし、夜景でも撮ることにします。  長瀞の駅から一駅分、山側に歩くと、ライトアップされた場所があります。  みな、良いカメラを持っています。  自分に似合った、想像通りの色が出るといいんですけど。  Mr.moonlightなんか口ずさんだりします。  時間を忘れてしまうほど、夜景の魅力というのがあるものです。  帰りは熊谷まで行き、(途中、運命の出会いということを常に考える愚か者)赤羽で途中下車して、最後は酒場に消えます。  ここで、飲むのが最終的には一番好きかも・・・  「せんべろ」という言葉が嘘でないほど(千円でベロベロです)なんだか酔いました。  一駅乗り越し、戻ってきて有意義な休日を終えるのであった。  だが、日本を回れば回るほど、西洋文明に対する憧れが再燃するのであった。 世界ノ夜景 (地球の歩き方)ダイヤモンド社丸々 もとおユーザレビュー:最も美しい照明は夜景 ...カウチトラベラー世界 ...希望が湧いてきました ...Amazonアソシエイト by

続きを読む

長瀞「宝登山」

 ロープウェイに乗って山頂へ。  蝋梅というものや、ツツジというものが季節によってあるそうですが、もちろんのこと時期はずれ。  いささか狼狽です。  (なんで、おやじってわざと駄洒落を言う環境にもっていくのかね!)  動物園もあるようです。  ベンチに座り、自然を満喫します。  空気もすがすがしいし、段々と冬のひんやりとした空気が好きになっていきます。  確実に太っていく人の表現だ。  その代わり、寒桜というものが咲いていました。  知らないおばちゃんに同行者が「なんという名前ですか?」と訊いていたんですけどね。  で、徐々に日も傾き、上の方は寒くなっていきます。  またもやロープウェーに乗り、夜景のために体力を温存します。  調子にのってソフトクリームを食べたら、身体が冷えた。  普段、しないことは慎むべきです。  まあ、あと1回かな。  いろいろ義務感のある人生です。今日も、どこかで飲まないと。

続きを読む

秋も終わっていくのか

 長瀞の続き。  船から降り、商店街のような場所をぶらぶら歩き、鮎の焼けるにおいなどをかいで、そろそろ食事時になったので、ある店に入る。  煮込みうどんのようなものを注文して食べ、その前に昼ビールを飲みました。  それも済みます。  で、ロープウェーの方まで、歩き出しました。  途中にあった場所も、色づいています。  ネットでの紅葉情報は、もう終わっているというレポートですが、多分、前日ぐらいがピークなんじゃないの? という観測ではないのかと・・・・  ま、現地にいかないと分からないことがたくさんあります。  あまり、のんびり歩いている人は見かけませんね。  車で足元まで行き、また観光して車で立ち去るということでは、失うものが多過ぎるような気もするが、これもまた気のせいなんでしょうかね。  旅籠と旅籠を歩いて回るという本なんかを読んでいる悪しき影響なんでしょうか。  しかし、カラフルな世の中があるということは喜ばしいものです。  黒いスーツに黒いカバンという世の中に囲まれていると、そんな気持ちにもなります。

続きを読む

ライン下り

 長瀞駅前で予約して、ライン下りへ。  ここから、すべては始まったのだ。  きゅうりのスティックを食べ、船に乗り込みます。  かえるのような岩。  両岸に紅葉の美しさを撮る予定だったが、段々と水も枯れ、景色は消えていくのだ。  ざっと3キロぐらい船に乗り、またもや乗り込んだ場所へ。いろいろ歩き回ります。

続きを読む

日没の長瀞

 福島から帰って、丸一週間ジミに働き、またもや誘われるままに、秋の長瀞へ。  2年前に同じ職場にいたデジカメ仲間からのお誘い。あの頃も死ぬほど残業したよな。  お互い、2年だけ年をとり、情熱だけは以前のままと言いたいところ。  最近、一眼デジカメを買ったとのことで、うらやましい限りです。しかし、運命は水没させてしまうような状況が待っているかもしれません。(不幸)  計画を練ることに長けている人なので、自分は末っ子のように、すべて指を咥えてお任せしています。  もっと、太陽の下での写真もあったり、夜景もあったりするが、先ずはこんな感じから。  もう10年も前だろうか? このそばでバーベキューをした思い出がある。  ちょこちょこ写真をアップしようかな。  なんだかんだ、600枚(1G以上)も撮ってしまったので、そのうち機会が許すなら、写真だらけにしてしまいます。

続きを読む

川口グリーンセンター

 川口駅に13:00に待ち合わせ。  駅を降りたら、なんやらの事故で電車が止まったようです。危ないところだった。  走れメロス体質の自分は、待ち合わせに遅れることを切腹事件のように考えてしまうのだった。  薔薇名所カードの持ち札を増やそうと思っていたら、こんな場所があるらしく誘われるままバスに乗った。  入った途端にビールを飲む。  今日は暑い日で、ここちよい飲み心地。  日々の喧騒を忘れてしまうような、のどかな時間です。  子供たちの遊び場も多いらしく、たくさんの子供たちがいます。  子供手当てを貰ってください。  財源なんか、まあどうだってよいではないか?  と投げやりな気持ちです。  少年は、老いやすいものですしね。  今日、自分の口から、ぼくの行動形態が、トム&ジェリーの猫に似ているという表現をしました。  何回も失敗を繰り返しながら、今日もねずみを捕る旅に出ています。  のんびりと半日が過ぎていきます。  欲というものは、どこに行っても消えるわけではなく、欲しいものを友人と話し合います。  結局は、「一眼レフカメラ」と言ったり、「海外旅行へのチケット」と言ったりします。  ま、自分はいつものように後者です。  帰りは、赤羽駅行きのバスに乗り、さまざまな路地に消えていきます。  旨い酒を飲み、ラーメンの美味い店も探し当て、最後は、駅ビルに…

続きを読む