負け惜しみ

 トップ・ガンの監督が自殺。

 トニー・スコット監督。

 True Romanceは名作です。

 兄弟は、リドリー・スコット。

 才能あふれるふたり。

 わたくし、トム・クルーズに負けていない部分があった。

 ただ、離婚していないだけ。結婚していないから。

 まあ、もてないからね、彼ほど。

 にがっ。

 その何人かの妻のひとりだったひとの映画。

 「マーゴット・ウェディング」

 MARGOT AT THE WEDDING

 この At the こそが意味があって、邦題から抜いちゃいけないと思うけど。

 辛らつな映画。

 そのなかで、しみじみと歌われた曲があった。

 アメリカの映画って、こうして、あまりにも大メジャーの曲をつかわずに、普通に自然に入り込ませて成功させる。

 日本の曲で、こういう中間ぐらいの曲って、どういう感じなんだろう?

 大ヒットではないけど、なんとなく口ずさめる。



 「いとしのエリー」でもなく、「上を向いて歩こう」でも、ない。

 すると、みちのくひとり旅。

 襟裳岬。

 襟裳の春は~♪

 映画の最後のロール部分を見るか否か。

 音楽が好きな自分は、最後に使われた曲を確認するため、最後まで見なければならない。

 え、あのひとの作曲か?

 そういう発見も。



 クリント・イーストウッドの「ピアノ・ブルース」というブルース・ピアノの系譜の映画も見た。

 ずっと、見逃していた。

 そこのエピソード。

 大草原にピアノだけ1台置き、このピアノのファッツ・ドミノが演奏をはじめると、ヘラジカ数頭が首をかたむけ、音楽に聞き惚れ、演奏が終わると、ゆっくり立ち去ったそうである。

 「みんな、ブギウギが好きなんだよね」との監督の弁。

 なんか、あり得そうな情景でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック