焼津

 停まっていた電車に飛び乗り(どこかで事故があり、路線断絶の予感)数駅先の焼津へ。

画像


 いつものように、あてもなくぶらりと。

画像


 駅前では、足湯がお出迎え。

 自意識のあり過ぎる自分は、ちょっと控えるが、帰りに誰もいなくなっていたので、浸かった。

 ちょうど、係りのひとが温度を計りに来て、41℃と言っていた。

 地中を通ってくるのだとか。

 軽く、世間話。

画像


 酒は、もう売っていない。

 でも、昼飯に燗を飲んだ。

 ちょい甘いけど、好きな味。

画像


 昼飯。

 値段の割には、豪華でした。

画像


 絶景です。

 青い海と、青い空。

 と、青い自分。

画像


 ラフカディオ・ハーンの避暑地。

 息子であるらしいひとの思い出話が載っていた。
 
 人嫌いの八雲さんのお気に入りのひとがここにいて、夏の時期を過ごすのを楽しみにしていたとか。

画像


 自由に。

画像


 漁もお預けでしょうか?

 それとも、出港するんでしょうか。朝寝坊の自分には分からん。

画像


 神社の松。

 日焼けをおそれるほど、日差しが強かった。

 直ぐ、顔が赤くなる。で、シミができる。SK2。

画像


 ぎょっ。

 3時半ごろには、また電車。鈍行で、東京の外れまでまた電車に揺られます。

 対面式の車内では、軽く1杯ということも、ままなりません。

 その名も、富士という駅辺りで富士山がきれいに見えていました。

 反対側の海の上空あたりでは、夕焼けがきれいでした。

 では、アディオス・アミーゴ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック