仙台城

 昨日、仕事の帰り、タクシーの運転手さんに「青葉城」か「松島」を天秤にかけ、相談。

 城へは城壁が崩れたので迂回するとか言われ、松島は塩釜かどこかで遊覧船に乗り込むというプランを教えてもらう。

 結局、9時半に同僚と待ち合わせ、12:17分の帰りの新幹線を買い、城へ。

 15時ぐらいからたまった仕事をこなします。いささか、憂鬱。

 だが、それも先の話。

画像


 駅前は、通勤時間か地下鉄工事の道路の幅への影響か、混んでいる。

 でも、20分ぐらいで到着。

画像


 高台にあります。

画像


 資料館に入り、ぶらぶらと見学していると、館内から蜘蛛の子を散らすように小学生が溢れ出て来た。

 入れ替わり、そのシアターに入り、15分ぐらいの映像を見る。

 これが、楽しかった。

 もちろん、主役(伊達政宗)を美化している地元愛があるが、それでも、このひとの生涯がざっと復習できる。

 しかし、もちろん、もっと知りたければ、「本」という形体に頼らなければならない。

画像


 栄枯盛衰。

 だが、城下町は繁栄する。

 世界との貿易という野望をもつが、そこは禁令下(徳川さんの地位保持)船を送るも、却下。

画像


 崖があって、川があって、抜群の立地に城は建つ。

画像


 娘が嫁ぐとき、下の街に灯篭をともし、その夜景を楽しませてあげたのだとか。

 美しいエピソード。

画像


 だが、バ・バーンと城が現存されていれば感動なのだけど、まあ、そこは。

 戦国時代の英雄より、やっぱり自分は千利休とかに興味がある。

 松尾芭蕉とかも。
 
 まあ、好みの問題。

 ナポレオンより、ゲーテやベートーベン。

画像


 同僚は、お土産の心配をしている。

 で、早目に駅前へ。

画像


 お土産不要論の持ち主だが、さすがに、出張を許可してくれた上司や、夏休みの連休の帰り日本酒を2本くれたひとぐらいは、買って行きましょうか。

 で、新幹線に乗り込み、次の旅を考え、東京に帰ることにします。

 でも、たったの2時間。

 毎日の通勤の往復と同程度です。

 また、いつか仙台。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック