マンズ・マンズ・マンズ・ワイン

 9月は、台風から始まった。

 だが、ぼくのこころは、8月の山梨に残されたままだった。

 寅さんは勝手に恋の相手にのぼせ上り、勝手に失恋をして、また、旅に出る。

 これを、ダルビッシュ並みに連投して、それが映画になった。

 2代目、寅さんの「いやらしきジローラモ・激闘のお台場編」という映画を、山田洋次さんぐらいの才能があれば、撮って見たい。

 青空に飛び出し、日焼けをして、気になった酒を飲み、また旅に出る。いくつかの仕事後に出会った女性の笑顔を思い出にして。

 これも、ぼくの大切な人生。

 と、愚かな記憶。

 マンズワイン。

 女性から見れば、ウーマンズ・ワイン。

画像


 軽めの下り坂を自転車でころがし、到着。

画像


 ただの試飲と、高目のクオリティーのワインは500円で4杯の試飲。

 ちょっとの量が、2次会体質の自分は、呼び水となり、もう滅法酒を飲みたくなります。

画像


 でも、買わない。

 重いから。

 通常の酒も12本をネットで買い、配達してもらう。

画像


 ある日の自分。

 佐渡に住む、元北朝鮮の捕虜のような風貌が。

画像


 イノセント&エレガント。

画像


 地下に降りた、かび臭い場所。

画像


 まだ、髪があった自分。

 これからも、どうぞ、よろしくね。

画像


 青空。で、日焼けした。

 行きの電車では、「合羽でも買うか? という会話があった」

 杞憂に終わる。
 
画像


 酒を飲むことを、なんら、恥とも思っていないので、レストランで400円の生ワイン(今回は、白やった)を飲み、次の場所へ。

 周りは、バーベキューの煙をたてている。

画像


 原料。

 ちらほらと、「桃カレー」という看板があり、

 物語が好きな自分は、

「桃レンジャーと黄レンジャーが恋に落ち、結婚した相手のために、桃レンジャーはマニュキアの爪が醜く剥がれるのも恐れず、桃カレーを作るのだ」

 と、いう物語を考えました。

 間も無く、秋になります。

 今年の厄年も終わるのですね! と吉幾三さんの歌並みに格好つけます。

 尊敬する人は、ジローラモとサッカーの武田さんという薄っぺらい人間になりつつあります。



 JBも居ない、世の中です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 桃レンジャーと黄レンジャー@船橋より

    いいお話です。
    文科省推薦図書になりますよ、きっと。
    (でもそういうの、一番嫌いなんですよね?(苦笑))
    2011年09月03日 08:00
  • 現実逃避の実現頭皮

    この世知辛い世の中を生きるべく、つまらない物語に転換して、そこに逃げ込みます。
    この日々の生活を見たら、文科省は許してくれないでしょう。
    一杯のかけそば、ならぬ、一杯の手酌酒みたいな生活。
    2011年09月03日 09:01

この記事へのトラックバック