御宿・午後

 これぞ、ザ・海水浴。

画像


 という風景です。

 見慣れた景色でもあり、新鮮な景色でもあります。

画像


 港があって、船があって・・・

画像


 記念塔があるので、そこを見学です。

 坂道は、歩きだと辛い。

画像


 だが、こうした絶景も手に入れることができるのだ。

画像


 抱擁の彫刻。

画像


 こんな由来みたいです。

画像


 みんな仲良く。

画像


 で、歩き疲れてしまったので、またもやクーラーのなかに入り、飲酒。

 こころが、この2日で洗われたのだろうか?

 お笑い番組で笑い転げた後、広島の原爆のテレビを見ていたら、内容に入り込みすぎてしまい、思わず号泣してしまった。

 飲食店で誰もいない中、ひとり泣いてるおじさんです。

 彼らの可能性を誰が突然、奪ってよかったのだろうか?

 お会計を済ませ、海沿いの道路にあるベンチに座っても、まだ泣き止むことができなかった。

 落とした側のトップが、なぜノーベル平和賞なのだろうか?

 世間の疑問はつきないのであった。

画像


 こうして、裸足で砂浜を歩くのも気持ち良さそうですね。

 スニーカーに砂がはいって大変、気持ちが悪かったゆえ、特にそう感じます。

画像


 こうして、2日はざっと終わり、まだまだ飽き足らず、翌日は房総日帰りバスツアーなんぞに参加します。

 その前に、この日は、途中下車し、船橋でたらふく飲酒しました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック