博多

 現地にいない人にとって、博多と福岡といっている差が分からない。

 ま、さかのぼれば江戸時代の偉いさんの話になるような。

 駅に着き、あたりをきょろきょろする。

 で、駅前の予約したビジネス・ホテルに入り、シャワー後のエビス。旨いね。

画像


 博多から、中洲・天神という方面に行きたいが地下鉄か徒歩か?

 基本、考え方と行動が犬のマーキングと同じなので、歩きます。

 夜の活気直前という雰囲気がありました。

画像


 旧福岡県公会堂貴賓館という建物です。

 天神中央公園というところにありました。

 水が流れているところに文化が成立しているんでしょうね。

画像


 チューリップがあります。

 暖かい、気候でした。

画像


 桜が咲いています。

 犬が走り回っています。

 子供も騒いでいます。

 そろそろ、ぼくの体内にアルコールを求める気持ちが芽生えます。

画像


 アクロス福岡というビルの裏側です。

画像


 ちょっと歩くと、福岡市赤煉瓦文化館。

 煉瓦ばかり見ています。

 中も入れることを帰ってから知りました。

 で、夕ご飯。

 焼き鳥屋がたくさんあるので、名物かと思い、ある一軒に入った。

 ここも一人で酒を飲む文化がないらしく、ひとり相撲をみながら酒を飲みます。

 ここも、このぐらいの金額で旨いところは、東京でたくさん知っています。

 帰りに、本場のラーメンでなだめよう、と考えています。

画像


 夜景まで、けっこうかかった。

 途中、わざとか本気か、いかがわしい通りを素通りしました。(酒場を通るとゴールはここか?)

 なんか、歌舞伎町より露骨な感じがしました。

画像


 で、こんな町並みを横目に歩き、ちょっと道に迷い、博多駅のそばまで戻り、いつのまにか夢うつつです。

 ある春の一日の話です。




昭和30年代の福岡
アーカイブス出版
写真/香山 義憲/北島 寛/栗原 隆司/椎野 実/薗部 澄/平田 稔博

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック