残すべき音楽(74)Pow

 フュージョン界には、ジャコ・パストリアスというエレキ・ベースの師範代がいるが、ぼくは全然こっちです。

 ラリー・グラハム率いる「グラハム・セントラル・ステーション」

 元スライのバンドにいたが、首を斬られます。

 方向性の違いでしょうかね。下を見る限り同じ方向だと思いますけど。



 曲名は、「パウ」

 松村の高田文夫の真似じゃない。



 もうベースのジミヘンです。



 スライ時代の曲もやります。建築と一緒で、土台がしっかりしていれば、建物は立派にたちます。

 土台としてのベースが大好きなのでした。しかし、陰にあるものは、陰にあった方が良いとの意見もあるでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック