セビリア

 観光の4日目です。ここにいて、まったくの不満がありません。

 午前は、セビリア。本当はセビージャという発音が妥当らしい。この辺が分からない。

 若かりし頃、テニス選手で「エドバーグ」という人がいた。ある日、「エドベリ」とテレビで言われていた。その人が同一人物だと知ったのは、いつのことやら。

 ギョエテとはおれのことかとゲーテ言い。 という川柳もあります。

 で、セビージャです。

画像


 黄金の塔です。後ろには、グアダルキビール川です。

 この川を下れば大西洋です。で、アメリカ大陸に行こう、という山っ気が飛び出すのでしょう。

画像


 ここは、スペイン広場。

 1929年に、イベロ・アメリカ博覧会というのが行われたらしいが、その名残です。

 たくさんの写真をここで撮ったが、最初の驚きを感じていた時に写したものが、やはり良かった。気持の問題です。

画像


 まわりには、各都道府県(そんなのあったら)の印象がタイルで飾られています。

 なにか、仏教国(その建築)とも違い、キリスト教国とも違う匂いがします。

 それと、画家のムリーリョやベラスケスが、ここで生まれたらしい。その作品があるプラド美術館には明日、訪れます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック