February in ROMA(6)

 また、だらだらとサンタンジェロ城に戻り、すでに懐かしみをおぼえる。

 ここで、8ユーロ(¥1,280相当。だが、こっちの感覚的は1,000円ちょい。なんか日本円のだらしなさ感を身にしみて)を払って、入城。上に登るにはらせん状の廊下があり、そこを辿ると自然と外へ出る仕組み。

画像


 いつの間にか、目の前に展望が開ける。

画像


 ローマは上から見ても、きれいな街並みだった。証明はいらなかったのかもしれないが。

画像


 こんな風景を眺めると、自分が高貴な人格を持っているような勘違いを、我輩は致しております。

画像


 すいす~いっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • hina

    イタリアは本当に素敵な国ですね♪
    街も建物も素敵で感動してます。
    お城の中は写真撮影禁止だったのですか?
    2007年03月02日 20:47
  • ふらっと

    お城といっても、宮殿のようではなく、要塞をイメージしてもらった方が良いです。
    ぼくたちが入れるところは、斜めになっている廊下と、いくつかの鎧やサーベルの飾ってある部屋だけで、乙女心をくすぐるようなものではありませんでした。
    2007年03月02日 21:12

この記事へのトラックバック