おっさん軽薄化

 病院が嫌いなわけでもないが、なかなか行かない。20年ぐらい通ってないのかな。なので健康診断なども学生以来したことがなかった。だが、歯医者は好き。多少のMっ気があるのか、あの治療されている感覚がたまらない。床屋とか、動きを許されないことに対する愛慕か。

 若いつもりでも保険の外交のおばちゃんに入院保険のことで注意されたり、若作りもそろそろぼろが出てきたのか?

 と冗談だが、勤務時間に行ってもよいことになったので、朝から霞ヶ関で降り、虎ノ門を抜け、やっぱり迷子。なんか森ビルばっかりなんですけど!

 やっと着いたら、エスカレーター式にサイズを測られたり。汗いっぱいかいたんで尿とか突然言われても困るよな。でも、血液とか、あんなんで一体なにが分かる仕組みになっているのだろう。

 不思議と、腕に針のちくっとした痛みを感じると、げらげら笑いそうになる。どっかおかしいのか?

 最後に、レントゲンを撮り。時刻は11時半。今更慌てて帰ることもないので、一緒になった同僚と近くでランチ。その人が他部署のビルの近くなので、美味しい店がないか訊ねると、ちょうどちかくに気取った店が。その写真。

画像


 和風が希望と言ったら、ちらし寿司になった。ところが、食後のティラミスが上手かった。

 午後には、オフィス内の人になり、15才は確実に年下の女の子をからかっては大笑いし一日が暮れる。20年前に、あの軽薄さがあったら。大真面目に人生と取り組み、格闘をしようと行き込んでいたのに、ちょっと今の自分に自己嫌悪。今度、飲みに行こう、と適当に誘い、また自分の言葉に責任を取る羽目に。少し自省しよう。おじさんって、子供を立派に育て、いっぱい税金を払う存在なんじゃないのかね?

 と今日も固定観念のおれ。

 早く家に帰って、音楽を聴こう。

 今日の1曲。ザ・バーズが唄う。ボブ・ディランの曲。

My Back Pages

 考えると、あの頃の自分って、なんだかずっと老け込んでいて、
 今の自分って、あの時よりずっと若いような気もするぜ

 いつものように逆説的なボブ・ディランの唄。とびきり素敵です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック