系列作品

アクセスカウンタ

zoom RSS 回復

<<   作成日時 : 2012/08/10 22:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 忙しくて、ほったらかしにしてあった調子の悪いほうのパソコンの電源を入れ、やはり、ダメかなと思って、でも、あきらめきれず、あれこれ調整していると、(買って2年しか経っていない。もっと、古いビンテージの方が手先となって働いてくれている現状)どうにか回復。

 きちんと起動もしてくれ、終了も途中で勝手にシャット・ダウンということもなくなりました。

 結局、理由は分からないながらも。

 なにごとも時間と愛情です。

 注ぐことなのです。

 君のハートに。


 20回のローンも支払終わったことだし、これからも相棒になってくれ。


 メールを見ると、最後の受信は、3月中旬とかになっているから、それから放置。


 それで・・・


 ソフトを最新版にしたり、ちらっとウィルスの検査をしたり、そんな目を酷使する作業を。

 でも、誰とも話さずにこんな作業をしているのが、いちばん向いているのかも。

 なら、それを仕事にすればいいのに。

 ここにしか入っていない音楽データ(mp3)も戻った。

 でも、それを聴く時間もあまりない。


 
 でも、オレが夜中に目を覚まし、わざわざサッカーを見ようとすると、決まって敗戦。

 再放送でも敗戦なのが変わるわけもないが、どこが悪いのかレントゲンの写真でも見直すように(黒い影が・・・)またテレビを視聴する。

 アメリカの2トップ(要注目と口を酸っぱくしていた)がいて、それを生かすために、誰かがパスを供給する役目を担い、その2人が潰れたときに、走り込む人間という第三の女が絶対いるはずなのに、ニュースやワイドショー内の予告編では、紹介してくれなかった。

 ジャーナリズムが浮かれた時の限界が。

 とにかく、勝ちますんで・・・

 出前は、5分前に出ましたんで・・・

 松木さんの2006年の空予想をいまだに根にもっている料簡の狭いおとこ。わたし。


 ところで。

 澤さんは、カズ越えですね。


 物語というか伝説が作られる過程の話です。


 いまだに賛否があるようですが、やはり、カズというひとをフランスWの選考から外すというのは、ちょっと誤りであったのではないのか?



 ひとから、燃え尽きるきっかけを奪ってはいけないのだ。

 完全燃焼という機会を与え、勇退。


 それが、日本的な美徳なのかも。

 だが、しがみつこうとした野茂さんも美しい。


 同じ理由で、元ヤン(キース)松井さんも美しい。

 いまのところ、ロンドン五輪で感動したのは、あん馬の男性個人の金メダリストと、新体操の韓国の女の子。


 自分が競技してきたのと、まったく違うところに関心がありました。


 美しく身体を魅せる、ということに興味が転換してきました。


 しかし、過去を振り返ると、東ドイツのサイボーグのような綺麗な肉体の女性に脇の下の毛が存在するという下品な話題が、ぼくのオリンピックの最大の収穫かもしれません。

 なんのことなのだ?

 ぼくは、韓国戦を起きて、見るべきなのか?

 監督って、ホン・ミョンボなんだ!

 と偉く感動した自分は、ロマーリオ・ベベト世代。

 やはり、おじさんになります。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
回復 系列作品/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる