系列作品

アクセスカウンタ

zoom RSS 高原にて

<<   作成日時 : 2012/05/31 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 連休だったので、アルファメロのステアリングを握り、高速を飛ばして高原へ。

 というのは、明らかな嘘で、徒歩でスポーツ・ドリンクなんかを飲み、地元の公園へ。

画像


 この緑のなかを通り抜けると、ぼくは癒されていくのだ、と自分に暗示をかけながら。

画像


 ある日の会話。

 「女性に一度でも暴力を振るったことがある? 自分的に信じられないんだけど」と、ぼく。

 女性崇拝者である谷崎さんの小説の主人公は足の裏で踏まれることを喜びとした、というのは、まあ極論。

 あるモデルさんが路上でなぐられたというニュースをきき、その疑問。

 みなさんの平均点が分からない。

 今週の平均殴打度。

 「スパンキングは別ですよね?」

 なんの話や。

 なんの嗜好や。

 自分が世界に発した疑問自体がいやになった。

画像


 有吉さんとマツコさんの夜の番組の評判が職場内で高い。

 視聴率はその辺でほぼ100%。

 不幸すぎる西武の西口さんの3大もあった。

 昨日は、ストイコビッチ。あだ名は、妖精。

 妖精の生まれた国家はたいへんでもあった。

 「ストイコビッチ 革靴」は検索リストの上位なのね。

 スタンコビッチというお方も同日、地球のどこかで同じようなボレーを決めていた。

 あら、不思議。

画像


 「車内で、混み合っているのに、つめもせずに幅を取り、いちゃいちゃしているカップルが許せない」

 というような論題が以前、あった。

 「大体、ブスでしょう?」とのマツコさんの弁。

 それ以来、自分の視線はそれに該当するか否かになってしまったが、これもほぼ100%あたり。

 「でも、わたしも急にされたら、うれしくてそうなる」とも言っていた。

画像


 7月27日。ブラッド・メルドー。

 7月9日。アキコ・グレース。

 生の音楽も聴かなければならない。

 オルハン・パムクの小説もやっと買い集めた。

 最近の本は、高い。でも、ひとりの人間が何年かかけて築き上げたものを、2300円ぐらいで買うのも、また妥当かもしれない。

画像


 やっと、バラが見られた。

 チャンピオンズ・リーグの決勝を見逃したことが、いまだに心残りである。

 「なんだ、あの子のことが本気で好きだったのか」と今頃、気付いてもなすすべもない自分にもこころのこりがあった。

 せめて、殴打を。ぼくに、殴打を。ふがいなさに。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高原にて 系列作品/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる