系列作品

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月25日の飲み

<<   作成日時 : 2009/08/29 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 ある友人が珍しく、落ち込んだ声を出している。

 落ち込む状況は、こっちのはずだぜ! と思いながらも、生きているだけで楽しい今日この頃。なぜだろう?

 では、飲みながら話しましょうか、とのことで中間辺りの(?)青戸へ。

画像


 ほぼ一年ぶりの「あわのす」

 このメンチですね。

 ほんとは4人ぐらいで頼むのが普通かも。お腹を満腹にしたくない酒飲み体質の自分は、1/6ぐらい食べれば満足。

 で、あとは友人が完食。

 悩みがあると、食べちゃうって女子か! とツッコミを入れたいが、まあ今日ぐらいは・・・

 どうも、失礼なことを誰かに言っちゃったみたいです。自分もそれを聞いてあんまりだよな! と思いました。

 しかし、話をきいてはグラスを傾けます。

 ぼくは、ホッピー2×2で4杯ほど。

 かなり良い濃度です。

 最近、オランダのサッカー事情をネットで読み、彼らは外国人(優秀な人をさらに育てるよん)を安く買って、イングランドやスペインに高く売る、という根っからの貿易体質を行っているらしい、とのこと。

 江戸時代に貿易をするときも日本はオランダを選んでいました。三つ児の魂、って奴ですね。

 話は、とび、この辺で飲むと、なんか浅ましく儲けようというスタンスで商売していないんではないか、という錯覚が。

 すがすがしくて美しいです。

画像


 で、満腹の彼(出た)を横目に見ながらも、火のついた自分は「石松」へ、強引に誘います。

 で、さらに2杯かな。

 最近の若い子たちの、柔道を一戦まじえるぐらいの貞操観念をなげき(なんかおざなりの2、3回のデートを挟みたい旧日本軍人体質。古びたね)酒はすすむのであった。

 準決勝で僅差で負けても(ある意味元カレね)決勝でわたしの腕前をみせてやるかというしつこいですが、その観念です。

 きちんと帰り、いつものように自分が失言したかのような思いで夜中に目を覚まし、数々の過去の反省をするのであった。

 25年ぐらい、この近辺でも酒を飲んでいるが(まったくの悲しいぐらいに自慢じゃない。)、どちらのお店も2回目ぐらい。テリトリーの関係でしょうが、やっぱり何度も来たくなってしまう良いお店でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ため息ばかりの呑みで申し訳ありませんでした。
船橋に戻った後もう1軒行き、帰宅したのが2時前過ぎでした。月曜は3時過ぎでした、今週ずっとそうでした。。。
今回は相手もさることながら、自分自身かなり重症です。。。
ひとでなし男
2009/08/30 10:55
まだ、解決してないみたいですね。
そう、にゃやむとさらにいろいろ高齢化しちゃいますよ。
ほどほどに・・・・
ハイボール手酌男
2009/08/30 12:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月25日の飲み 系列作品/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる